< 戻る

内部統制システム基本方針

当金庫は、信用金庫法第36条第5項第5号および同法施行規則第23条に基づきこの金庫およびその子法人等から成る集団における業務の適正を確保するための体制の実効性を確保するため、内部統制システム基本方針を定めています。

1.当金庫の理事および職員の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制

2.当金庫の理事の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

3.当金庫の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

4.当金庫の理事の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

5.当金庫の監事がその職務を補助すべき職員を置くことを求めた場合における当該職員に関する事項

6.当金庫の監事の職務を補助すべき職員の当金庫の理事からの独立性および当該職員に対する指示の実効性の確保に関する事項

7.当金庫および子法人等の役職員が当金庫の監事に報告をするための体制その他の当金庫の監事への報告に関する体制

8.その他当金庫の監事の監査が実効的に行われることを確保するための体制

9.当金庫およびその子法人等から成る集団における業務の適正を確保するための体制

2019年5月24日現在