< 戻る

悪質な詐欺行為にご注意ください

悪質な詐欺行為に注意

最近、電話・電報・ダイレクトメール・電子メール等で不正に金銭を騙し取る悪質な詐欺事件が頻繁に発生しています。

1.特殊詐欺にご注意ください

特殊詐欺とは、犯人が電話やハガキ(封書)等で親族や公共機関の職員等を名乗って被害者を信じ込ませ、現金やキャッシュカードをだまし取ったり、医療費の還付金が受け取れるなどと言ってATMを操作させ、犯人の口座に送金させる犯罪(現金等を脅し取る恐喝や隙を見てキャッシュカード等をすり替えて盗み取る詐欺盗(窃盗)を含む)のことです。

以下のような手口の犯罪が発生しています。

2.フィッシング詐欺にご注意ください

当金庫のお客さまに不正送金を誘導する偽のメールが配信されていることを確認しました。(2020年9月)
メールに記載のリンク先に口座番号や暗証番号、ワンタイムパスワード等を絶対に入力しないでください。

以下のような手口の犯罪が、発生しています。

実在する金融機関名を名乗り、利用者を巧みにフィッシングサイトへと誘導する例です。当金庫からメールで暗証番号の入力等をお願いすることは一切ございません。不審なメールを受信したら、当金庫に直接電話で確認するか、フィッシング詐欺対策としてご用意している「SaAT Netizen」をご利用いただくなど、重要情報を入力する前に十分ご注意ください。

警視庁からのお知らせ(フィッシング110番)別ウインドウが開きます

3.インターネットバンキングを利用した還付金詐欺にご注意ください

以下のような手口の犯罪が、発生しています。

インターネットバンキングのお申込によって保険金が還付されるようなことはございません。また、当金庫や公的機関、保険会社等が電話や手紙でお客さまに暗証番号やログインID、パスワード等の重要情報をお尋ねすることは一切ございません。重要情報は絶対に第三者に教えないようご注意ください。