とじる

景況レポート

(2020年10月〜12月期実績、2021年1月〜3月期見通し)

 新型コロナウイルス感染症の第3波拡大により、先行きの景況感の上振れは期待できない状況である。

概況

 2020年11月の有効求人倍率は、全国平均1.06倍で前月比0.02ポイント増加している。一方、11月の国内企業物価指数は前月と同水準の99.9%である。
 当庫の調査においては、今期の景況感について売上、収益とも前期比増加となった。
 来期(2021年1〜3月期)についても、売上、収益ともに増加する見通しとなっている。
 2020年10月から12月期の日経平均株価は、10月末まで、米国大統領選挙の先行き不透明感から、方向感に欠け、23,000円程度で推移したが、11月上旬、新型コロナウイルスワクチンの良好な治験結果を受けて上昇し、年末終値としては歴代3位の高値となる27,444円で引けた。

日経平均株価(単位:円)

  最高 最低
10月 23,671 22,977
11月 26,644 23,295
12月 27,568 26,436

業況

 今期(10〜12月期)の全業種の業況は前年同期比で、売上額▲7.4%、売上数量▲7.1%、収益が▲7.1%となった。前期(7〜9月期)との比較では売上額は2.3ポイント増加、売上数量は2.6ポイント増加、収益は2.1ポイント増加した。
 前期に比べ、売上額が増加したと回答した事業所は3.6ポイント増加して25.9%、減少したと回答した事業所は6.0ポイント減少して56.3%になった。また、変わらずとの回答をした事業所は2.4ポイント増加して17.8%となった。
 収益が前期に比べ、増加したと回答した事業所は4.9ポイント増加して21.8%、減少したと回答した事業所は7.4ポイント減少して52.6%となった。また、変わらずとの回答した事業所は2.5ポイント増加して25.6%となった。

売上額DI(「増加」−「減少」の社数構成比)

 今期(10〜12月期)の全業種総合の売上額D.I.は、▲30.4となり、前期(7〜9月期)に比べ9.6ポイントの増加となった。
 来期(1〜3月期)についてのD.I.は、▲47.4となり、今期に比べ17.0ポイントの減少を予想している。

収益DI(「増加」−「減少」の社数構成比)

 今期(10〜12月期)の全業種総合の収益D.I.は、▲30.8となり、前期(7〜9月期)に比べ12.3ポイントの増加となった。
 来期(1〜3月期)についてのD.I.は、▲38.3となり、今期に比べ7.5ポイントの減少を予想している。

対前期比売上額DI 2020年
1月〜3月
2020年
4月〜6月
2020年
7月〜9月
2020年10月〜12月 2021年
1月〜3月
予想
見通し 実 績
増加した 14.2 10.3 22.3 13.2 25.9 12.6
変わらず 27.6 9.0 15.4 27.1 17.8 27.4
減少した 58.2 80.7 62.3 59.7 56.3 60.0
「増加」― 「減少」 ▲44.0 ▲70.4 ▲40.0 ▲46.5 ▲30.4 ▲47.4

対前期比収益DI 2020年
1月〜3月
2020年
4月〜6月
2020年
7月〜9月
2020年10月〜12月 2021年
1月〜3月
予想
見通し 実 績
増加した 15.6 11.0 16.9 14.7 21.8 14.3
変わらず 32.1 14.5 23.1 26.4 25.6 33.1
減少した 52.3 74.5 60.0 58.9 52.6 52.6
「増加」― 「減少」 ▲36.7 ▲63.5 ▲43.1 ▲44.2 ▲30.8 ▲38.3

*このレポートは高岡市内160社、射水市19社の計179社について景気の現況と 見通しについて調査を行ったものです。(回答135社、75.4%)

とじる