重要なお知らせ

カードご利用のお客さまへ

「とうしんキャッシュカード規定」改定のお知らせ

当金庫では、平成18年2月10日からの「偽造カード等及び盗難カード等を用いて行われる不正な機械式預貯金払戻し等からの預貯金者の保護等に関する法律」に基づき、「とうしんキャッシュカード規定」の改定を行い、同日からこれに基づく被害補償への対応を開始しましたのでお知らせします。
なお、既に当金庫のキャッシュカードをご利用のお客さまは、当金庫の窓口にお申し出いただければ改定後の規定をお渡しします。

<偽造・盗難カ-ド等被害防止のため>キャッシュカ-ドの管理を厳重にお願いいたします。

万一、偽造・盗難カ-ド等による被害に遭った場合、補償されないことがありますので下記のことは必ず実行してくださいますようお願いいたします。

  1. 暗証番号に生年月日、自宅の住所・番地・電話番号、勤務先の電話番号、自動車のナンバ-など推測されやすい番号は使用しない。もし、使用していたらすぐに変更してください。
    • 暗証番号をカ-ド上に書かない
    • 暗証番号を第三者に教えない
    • カ-ドを第三者に渡さない
  2. 暗証番号をメモなどに書き、カ-ドと一緒に携行・保管しない。その他、暗証番号を推測させるものと一緒に携行・保管しない
  3. 暗証番号は他のサ-ビス(ロッカ-、貴重品ボックス、携帯番号等)で使う暗証番号と異なる番号にする
  4. カ-ドを入れた財布などを自動車など他人の目につきやすい場所に放置しない
  5. 口座残高確認、通帳記帳は最低2週間に1回はする(盗難カ-ド被害の補償対象期間は被害を通知した日から遡って30日までです。30日を過ぎたら原則として補償されません。)
  6. もし、身に覚えのない取引があって残高が減っていたらすぐ当金庫と警察に届け出る
  7. 通帳と印鑑は一緒に保管しない(盗難通帳による被害は預金者保護法の対象になりません)
  8. カ-ドのご利用明細票は、必ずお持ち帰りください。
  9. デビットカ-ドサ-ビスをご利用の際は、カ-ドの暗証番号を第三者(加盟店の従業員等も含みます。)に見られないよう注意して入力してください。

<当金庫のATM被害防止策について>

暗証番号の変更 暗証番号は、当金庫のATMで変更が可能です。定期的に変更することをお勧めします。 詳しくはこちら
  磁気キャッシュカ-ド ICキャッシュカ-ド
一日当りのお支払限度額
(※1)
設定のない場合200万円 設定のない場合 200万円
(ご希望により500万円まで変更可)
- 磁気ストライプでのお取引は -
設定のない場合 50万円

※現金自動支払機の「1日当りお支払限度額」は、現金のお支払い、お振込・お振替・デビットサ-ビスのお取引を合算した金額です。

1日当りお支払限度回数(※2) 設定のない場合 お支払限度回数  制限なし
1日当りのお支払限度回数の変更は可能です。お支払限度回数の上限は98回となります。

※1,2…1日当りのお支払限度額とお支払限度回数の双方を設定の場合、いずれかの制限に達した時には、お支払いできなくなります。

お支払限度額と限度回数について、詳しくはこちらをご覧ください。

○ATMをご利用の際は、暗証番号を他人から覗き見されないようにご注意ください。(ATM画面に「覗き見防止フィルタ-」を装着しています。)

○当金庫職員・警備会社職員などが店舗外や電話などで暗証番号をお尋ねすることは一切ありません。ご不審の場合は、直ちにお取引店にご照会ください。

<キャッシュカードを紛失・盗難された場合のご連絡は>

平日 8:45~18:00 はお取引店へ

店舗・ATMのご案内

平日 18:00~翌朝8:45 及び休日終日 は監視センタ-へ

監視センタ- 0120-057-239
受 付 時 間 受 付 場 所
平日 7:45 ~  8:45 東濃信用金庫監視センタ-
18:00 ~ 21:00 東濃信用金庫監視センタ-
21:00 ~ 翌朝7:45 信金監視センタ-
休日 7:45 ~ 21:00 東濃信用金庫監視センタ-
21:00 ~ 翌朝7:45 信金監視センタ-

※信金監視センタ-では、信用金庫名をお伝えください。

お問い合わせは、下記フリーダイヤルで承っております。

0120-330-111 ご利用時間 <平日> 9:00~17:00