沿革

新井しんきんの沿革

昭和23年11月 市街地信用組合法による信用組合設立
昭和27年 信用金庫法による信用金庫となる
昭和43年 創立20周年 本店新築落成
昭和44年 上越市、糸魚川市、東頚城、西頚城営業認可
昭和53年 創立30周年記念事業実施
青少年図書充実基金として1,000万円寄付
昭和58年 日本銀行取引開始、第二次オンライン開始
青少年図書充実基金に1,000万円追加寄付
昭和59年 国債窓販取扱開始
平成元年 定期積金「チャレンジ21」キャンペーン契約額40億円達成
平成3年 新井しんきんビジネスクラブ発足
両替商開始、年金相談室開始
平成6年 懸賞金付き定期預金「よろこび」発売
平成9年 ATM下町出張所開設
懸賞品付定期積金「夢わくわく」発売
平成10年 創立50周年記念事業実施
  1. (1)新井頸南広域行政組合にヘルパー車両 9台寄贈
  2. (2)みなかみの里へ福祉車両 1台寄贈
平成11年 テレホンバンキング、休日ローン相談開始
平成13年 ATM稼動時間(平日)7:00~23:00へ延長
平成14年 生命保険窓販開始
平成15年 リレーションシップバンキング機能強化計画作成・実施
平成17年 休日ローン相談室を開設
平成20年 創立60周年記念事業実施
  1. (1)妙高市へ障害者相談員支援車両1台寄贈
  2. (2)妙高市社会福祉協議会へケアマネジメント車両2台寄贈
  3. (3)妙高市障害者施設に大型 テレビ寄贈
  4. (4)妙高市、上越市、糸魚川市、信濃町に緑化事業を支援
  5. (5)商工会議所、商工会へ「プレミアム商品券」の協力金を支援
    「エコ定期預金」、「エコ定期積金」発売
平成21年 「エコアクション21」認証取得
中小企業金融円滑化取組実施
平成24年 「改組60周年記念定期預金」、記念新活用ローン発売
でんさいネット取扱開始
総預金量1,009億円、会員数7,534名
平成25年 市場リスク管理課新設
創立65周年記念、「エコ定期預金」、「エコ定期積金」、特活用ローン発売
NISA(少額投資非課税制度)口座取扱開始
平成26年 「チャレンジ21 定期預金・定期積金」発売
新井商工会議所、妙高商工会、妙高高原商工会と「創業・新事業支援」の覚書を締結
「北陸新幹線・えちごトキめき鉄道開業」記念定期預金発売
総預金量 1,027億円、会員数 7,542名
平成27年 妙高市と「地方創生に向けた包括提携」と「妙高市における見守り活動」の2分野で協定を締結
日本政策金融公庫と農業分野支援のためCDS(信用補完制度)に関する基本契約を締結
個人のお客さま
  • 個人インターネットバンキング
法人のお客さま
  • 法人インターネットバンキング
  • 電子記録債権サービス
インターネット24時間受付
  • インターネットローン仮審査申込み