ホーム > 地域情報/貢献 

地域情報/貢献

館山信用金庫
理事長 利田 秀男

「地域密着型金融の取組み」について

 

  中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針のもと当金庫は平成15年以降2次、4年にわたり地域密着型金融の取組みを行ってきました。特に,平成17年4月から平成19年3月までは地域密着型金融推進計画を立て1.中小企業金融の再生に向けた取組み2.経営力の強化3.地域の利用者の利便性向上4.進捗状況の公表について進めてまいりました。

   これを受け、平成19年4月金融審議会金融分科会第二部会から「報告書」が出され、地域密着型金融は引き続き取組みを進めていくべきとの結論が出されました。そして、恒久的な枠組みで推進することとなりました。当金庫では前年に引き続き地域密着型金融取組みの基本方針を立て、また具体的な取組みとして(1)ライフサイクルに応じた取引先企業の支援の一層の強化(2)事業価値を見極める融資手法をはじめ中小企業に適した資金供給手法の徹底(3)地域の情報集積を活用した持続可能な地域経済への貢献等の取組みをしてまいりました。その結果、内容を記載いたしました。

   本取組みを推進、達成することが当金庫と地域との共生を進め地域経済の活性化につながり、地域の皆さまのお役に立てるものと確信しておりますので、各位のご支持、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

地域密着型金融の取組み【平成24年4月〜平成25年3月】

経営改善支援等の取組み実績【平成24年4月〜平成25年3月】

地域密着型金融の取組み【平成23年4月〜平成24年3月】

経営改善支援等の取組み実績【平成23年4月〜平成24年3月】

地域密着型金融の取組み【平成22年4月〜平成23年3月】

経営改善支援等の取組み実績【平成22年4月〜平成23年3月】

前のページへ