ホーム > 預金保険制度

預金保険制度

預金保険制度とは

加盟金融機関から徴収する保険料を原資に、万が一加盟金融機関が破綻した場合に、預金者の保護や資金決済の履行の確保を図ることによって、信用秩序を維持することを目的とする制度で、政府・日銀及び民間金融機関の出資により設立された「預金保険機構」によって運営されています。

新しい預金保険制度では?

  • 定期預金等については、これまで同様、預金者一人当たり、一金融機関毎に元本1,000万円までと
    そのお利息等が保護されます。
  • 平成17年4月以降は、当座預金等のお利息のつかない決済用預金が全額保護されています。

預金等の保護範囲とは



(※1)決済用預金(「無利息、要求払い、決済サービスを提供できること」という3条件を満たすものです。)
(※2)定期積金の給付補てん金も利息と同様保護されます。

※詳しくは、金融庁(新しい預金保険制度について)をご覧ください。