ごあいさつ


加藤秀明理事長理事長 加藤 秀明マスコットキャラクター、よねざわしんちゃん・よねしばくん・ニャンニャン

 米沢信用金庫のホームぺージをご覧いただきまして誠にありがとうございます。皆様には平素より格別のご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

 このホームページでは当金庫の経営理念・方針、経営の状況、各種商品や地域社会貢献活動などをご案内しております。皆様にはこのホームページを通じて、当金庫へのご理解を深めていただければ幸いです。

 昨年度は個人消費の拡大を背景に、米国経済が世界的な景気回復を牽引いたしました。トランプ政権による政策運営の不確実性、中国経済動向、地政学リスク、欧州政治リスクなど懸念材料はありますが、今後も米国経済が世界経済をリードしていくものと思われます。わが国の経済は、米国経済や中国経済の堅調さに支えられ、大企業や大都市中心ではありますが順調に推移し、株式相場も安定感が増してきていると感じております。

 当金庫営業地域におきましても、東北中央自動車道の開通や「道の駅よねざわ」のオープンにより観光スポットや飲食店が賑わいを見せ、他県との交流人口増加や経済活性化への期待が高まっております。

 このような状況の中で、預金につきましては、金利上乗せや懸賞金付定期預金の取扱いに全員営業や新規開拓活動、来店感謝イベントなどを絡めた積極的・複合的な推進活動を展開したことから法人・個人ともに堅調に推移し、期末残高で127,178百万円となり、事業計画の126,254百万円を924百万円上回りました。貸出金につきましても地方公共団体債の償還があったものの、保証協会付新商品や職域ローン、カードローンを中心とした個人向けローンの推進により、期末残高で58,325百万円となり、事業計画の56,271百万円を2,054百万円上回りました。損益につきましても、市場リスクをコントロールしながら資金運用を強化したことや経営の効率化を進め経費の削減が図られたことにより、業務純益599百万円、経常利益732百万円、当期純利益につきましても540百万円を計上し、事業計画を大きく上回る結果となりました。

また青少年育成事業、観光客誘致活動、コンサート、補助金申請のお手伝い、ビジネスマッチングなどの活動を展開し、大変充実した年度であったと感じております。これもひとえに会員の皆様のご協力のお陰であり深く感謝申し上げます。

平成30年度も金融機関を取り巻く環境に対応しながらも、良質な金融サービスを通じて、地域活性化、地元企業様の事業価値向上、そして地元住民の皆様方の生活向上に貢献して参ります。

今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶といたします。

米沢信用金庫について米沢信用金庫について