ごあいさつ


加藤秀明理事長理事長 加藤 秀明マスコットキャラクター、よねざわしんちゃん・よねしばくん・ニャンニャン

 米沢信用金庫のホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。皆様には平素より格別のご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

 このホームページでは当金庫の経営理念・方針、経営の状況、各種商品や地域社会貢献活動などをご案内しております。皆様にはこのホームページを通じて、当金庫へのご理解を深めていただければ幸いです。

 昨年度は創立90周年という節目の年度で、本店を全面リニュ-アルするとともに記念式典や後援会旅行、経済フォ-ラムやピアノリサイタルなど約20の記念事業を展開して参りました。これらの事業を通じ、市民の皆様や関係方面の方々から良い評価をいただき、身の引き締まる思いでございます。事業展開にあたりましては皆様のご協力を頂きましたこと重ねて御礼申し上げます。

 さて、平成28年度は6月のブレグジットや11月のアメリカ大統領選挙、中国経済の下方修正など、外部要因に大きな影響を受けた年度でしたが、財政政策や金融政策に支えられ、大企業を中心に企業収益が好転するとともに、外国人観光客の増加や地方創生の取組もあり緩やかな回復基調となりました。

 このような状況の中、預金につきましては、創立90周年記念定期預金等の取扱いや本店リニューアルオープンに伴う積極的な営業推進活動により個人預金を中心に堅調に推移し、期末残高で123,006百万円となり、事業計画の122,984百万円を22百万円上回ることができました。貸出金につきましても不良債権の処理や地方債の償還がありましたが、保証協会保証付融資や無担保ローン・住宅ローンを推進し、期末残高で55,684百万円となり事業計画の55,564百万円を120百万円上回ることができました。 損益につきましては、資金運用の強化と徹底したコスト管理により業務純益832百万円、経常利益738百万円を計上、当期純利益につきましても705百万円となり過去最高益を更新することができました。また、90周年記念事業以外にも、観光客の誘致活動や補助金申請のお手伝い、ビジネスマッチングや経営者塾の活動などを展開し、大変充実した年度であったと感じております。これもひとえに皆様のご協力のお陰であり深く感謝申し上げます。

平成29年度は次の節目である100周年に向けてのスタートの年度であり、地域活性化や地元企業の経営支援・事業価値向上のお手伝いを更に強化して参ります。

今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶といたします。

米沢信用金庫について米沢信用金庫について