お客さま本位の業務運営に関する取組方針

千葉信用金庫は、金融商品販売等において、お客さま本位の業務運営の徹底を図るため、「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」を策定しましたのでこれを公表します。
この方針のもと、取組状況を定期的に確認し、見直しを行なってまいります。

1. お客さまにとって最善の利益の追求
  • お客さまの知識・経験・財産の状況及び取引目的に応じて、適切な金融商品をご提案してまいります。
  • お客さまのライフステージに応じた適切な商品・サービスの提供を行なってまいります。
アクションプラン
商品のご提案にあたっては、コミュニケーションを通じて事前にお客さまの知識・経験・財産の状況を確認したうえでニーズを把握し、最適な商品・サービスの提供を行なってまいります。
お客さまのライフステージに応じた適切な商品が選択できるよう、幅広い商品ラインアップを整備してまいります。
2. 利益相反の適切な管理
  • お客さまの利益が不当に害されることがないよう、お客さまと行なう取引を対象として利益相反管理を適切に行なってまいります。
アクションプラン
お客さまの利益が不当に害されることがないよう、当金庫が別に定める「利益相反管理方針」に基づき、利益相反管理を適切に行なってまいります。
金融商品の販売時には、販売手数料の多寡にかかわらず、お客さまのニーズに合った適切な商品の提案を行なってまいります。
3. 重要事項および手数料等に関する分かりやすい情報提供
  • お客さまに販売・推奨する金融商品については、お客さまの取引経験や金融知識に配慮のうえ、分かりやすい表現による説明を行なってまいります。
  • 商品販売後も経済環境や市場動向を踏まえ、アフターフォローの充実に努めてまいります。
  • お客さまのご負担いただく手数料・その他の費用について、お客さまがご理解いただけるように分かりやすく丁寧な説明を行なってまいります。
アクションプラン
金融商品をご提案する際は、お客さまがご理解いただけるよう、丁寧で分かりやすい説明を行なってまいります。
商品・サービスに係るパンフレットや資料、ホームページへの掲示等において、リスクやリターン等の重要な情報を含む場合は、お客さまの誤解等が生じないよう分かりやすい表現を用いるなど特に留意してまいります。
ご契約後も継続的なアフターフォローを通じ、お客さまの安定的な資産形成に役立つよう、情報の提供に努めてまいります。
4. 役職員に対する適切な動機づけの枠組み等
  • 「お客さま本位」の考え方を全役職員に周知し、企業文化として定着するよう、努めてまいります。
  • 職員研修や資格取得の奨励により職員の知識向上に努めてまいります。
アクションプラン
お客さま本位の営業活動を定着させるため、研修等を通じ全役職員に本取組方針の理解と実践を促してまいります。
販売担当者の資質向上のため、定期的に職員研修を実施してまいります。また、関連資格の取得を奨励してまいります。