セカンドライフ

ゆとりあるセカンドライフの実現に向けて

老後はゆとりあるセカンドライフを実現したいものです。
今からライフプランをイメージすることで、充実したセカンドライフを送ることができます。
理想のセカンドライフ実現に向けて、早めの情報収集と計画的な準備をしましょう。

山口県民の平均寿命

出典:総務省統計局調査部調査企画課 「統計でみる都道府県のすがた2017」

山口県民の平均寿命は、男性79.03歳、女性86.07歳となっています。
退職後のセカンドライフを楽しむためにも、若い時から余裕を持った資金計画を立てましょう。

公的年金

退職後の主な収入は、公的年金になります。
公的年金の平均年金月額はどれぐらいあるのでしょうか?

国民年金・厚生年金の平均年金月額

国民年金 厚生年金 厚生年金
(男性65歳以上)
厚生年金
(女性65歳以上)
平成23年度 54,612円 149,334円 189,747円 110,945円
平成24年度 54,783円 148,422円 187,290円 110,655円
平成25年度 54,544円 145,596円 183,155円 109,314円
平成26年度 54,414円 144,886円 179,578円 108,384円
平成27年度 55,157円 145,305円 178,928円 109,180円

出典:厚生労働省年金局「平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」

平成27年度において、老齢年金の受給権を持たれる方の平均年金月額は、国民年金が55,157円、厚生年金が145,305円となっています。

老後の生活費

老後の生活費はどのくらい必要になるとお考えですか?
生命保険文化センターが行った調査によると、夫婦2人で老後生活を送る上で必要と考えられている生活費は、次のとおりとなっております。

老後の最低日常生活費

出典:(公財)生命保険文化センター「平成28年度 生活保障に関する調査」

最低日常生活費をみると、平均額は月額で22.0万円となっています。
分布をみると、「22〜25万円未満が31.5%」と最も多くなっています。

ゆとりある老後生活費

出典:(公財)生命保険文化センター「平成28年度 生活保障に関する調査」

ゆとりある老後生活を送るための費用として、最低日常生活費以外に必要と考えられている金額の平均月額で12.8万円となっています。
その結果、「最低日常生活費」と「ゆとりのための上乗せ額」を合計した「ゆとりある老後生活費」は平均で34.9万円となります。
なお、ゆとりのある上乗せ額の使いみちは、「旅行やレジャー」が最も多く、以下、「身内とのつきあい」「趣味や教養」と続いています。

セカンドライフを応援するサービス

萩山口信用金庫では、お客さまのご要望に応じたサービスをご用意しています。

まとまったお金を預けたいとお考えの方

将来・万が一に備えたいとお考えの方

年金のお受取りサポート

萩山口信用金庫では、年金のお受取り手続などをサポートする職員を配置していますので、お気軽にお問合せください。

年金のお受取りまでのサポートについてはこちら

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせは、各店舗の窓口またはお電話で承っております。