CSR活動

千葉県緑化推進事業への協力

千葉信用金庫は、社団法人 千葉県緑化推進委員会の「緑豊かなふるさと千葉の創造と郷土の緑化の推進」事業に賛同し、小中学生を対象にした国土緑化運動ポスター原画コンクールに協賛しています。

また、店頭に募金箱を設置しています。"緑の募金”は、身近な環境の緑化から、森林の整備、緑の普及啓発事業、森林環境教育など様々な緑化事業に役立っています。

清掃活動

「葭川公園の周辺をきれいにする会」「千葉駅北口を美しくする会」をはじめ、地域の美化運動、清掃活動に参加しています。

地域行事への参加

地域活動の一環として"千葉神社妙見祭” "成田祇園祭” "久留里夏祭り”などに参加しています。

ボランティア活動

6月15日の「信用金庫の日」にちなみ、職員による献血運動を実施しています。

佐倉朝日健康マラソン大会の手荷物預かり業務にボランティアとして参加しています。

次世代育成支援対策推進法に基づく「基準適合一般事業主認定」および認定マーク「くるみん」の取得について

千葉信用金庫(理事長 宮澤 英男)は、令和元年10月4日(金)付、千葉労働局長より次世代育成支援対策推進法に基づく「基準適合一般事業主」としての認定を受け、認定マーク「くるみん」を取得しましたので、お知らせ致します。

この認定は、仕事と子育てが両立できる職場環境を整備するため「行動計画」を策定・実行し、かつ同法で定められた一定基準を満たした企業に与えられるもので、今回初めての取得となりました。

今般認定を受けた当庫の「第4期行動計画(平成27年4月~平成31年3月)」では、「短時間勤務制度を利用できる対象者の拡大」や「結婚・出産・育児等により退職した職員の再雇用制度導入」などに取り組んでまいりました。

当庫は、今後も2回目の取得に向けて、仕事と子育てが両立できる職場環境を整備し、引き続き取組みを進めてまいります。

次世代認定マーク「くるみん」

次世代認定マーク「くるみん」

当金庫のワークライフバランス

千葉信用金庫 行動計画

職員が仕事と育児を両立しながら、その能力を十分に発揮し、安心して働き続けることができる雇用環境の整備を図るため、次のような行動計画を策定します。

1.計画期間

2019年4月1日~2021年3月31日までの2年間

2.内容

【目標1】 小学校3年生までの子供を持つ職員に対して、短時間勤務制度を導入する。
<目標達成のための対策>
三歳以上小学校3年生までの子供を持ち、かつ希望する職員を対象に、1日あたり2時間を限度に短時間勤務を認める。
  2019年10月~ 検討開始
  2021年2月~  制度導入
  2021年2月~  職員周知
【目標2】 小学校3年生までの子供を持つ職員に対して、時差出勤制度を導入する。
<目標達成のための対策>
三歳以上小学校3年生までの子供を持ち、かつ希望する職員を対象に、始業・終業時刻の繰上げまたは繰下げによる、時差出勤制度を導入する。
  2019年10月~ 検討開始
  2020年4月~  制度導入
  2020年3月~  職員周知

働き方改革の推進について

千葉信用金庫(理事長 宮澤 英男)は、職員が自身のライフステージに応じて、仕事と家庭のバランスのとれた働きやすい職場づくりを実現するため、平成31年3月1日(金)より、積立傷病休暇制度の拡大、ジョブ・リターン制度の導入、育児短時間勤務制度の最長利用可能期間の延長を実施しました。
当金庫は、今後も働き方改革の推進に向けた取り組みを積極的に行って参ります。

  • 積立傷病休暇制度の拡大
    従来制度では、未使用の年次有給休暇を最大60日間積立し、本人の私傷病のみに利用できる休暇制度でしたが、今般の改正で、本人に加え家族の看護・介護にも利用することができるようになりました。
  • ジョブ・リターン制度の導入
    当金庫で正職員として3年以上の経験があり、結婚、妊娠、出産、育児、介護等の理由で退職した職員を対象に、当金庫への復職を支援するとともに、ライフスタイルに合わせた柔軟な雇用形態を設定しました。
    1. 退職後3年以内の職員・・・・・・・・・・・・正職員として再雇用
    2. 退職後3年を超え7年以内の職員・・・・・・・嘱託職員として再雇用
    3. 退職後7年以内の職員で本人が希望する場合・・パート職員として再雇用
  • 育児短時間勤務制度の最長利用可能期間の延長
    従来制度では、生後3歳未満の子を有する職員が、養育のために希望した場合、所定就業時間を2時間を超えない範囲で30分単位で勤務時間を短縮する制度でしたが、利用可能な期間を最長で小学校就学の始期までに延長しました。

女性の活躍推進に向けた取り組みについて

1.女性活躍推進法に基づく行動計画

千葉信用金庫は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(以下、「女性活躍推進法」という。)に基づき、下記のとおり行動計画を策定しています。
計画の達成に向け、女性職員一人ひとりが能力を十分に発揮し、いきいきと働くことができる環境作りに取り組んでいます。

計画期間
2020年3月1日~2023年6月30日
目標
営業または融資を担当する女性職員を現在の8%から12%以上とする。
管理職に占める女性職員の割合を現在の12%から15%以上とする。
女性職員の育児休暇取得率は95%以上を維持するとともに男性職員は配偶者分娩休暇と育児休業を合わせて7日間以上の取得率を30%以上とする。
育児・介護退職者再雇用制度を周知し、利用を促進する。

なお、女性の活躍・両立支援総合サイト内の「女性の活躍推進企業データベース」において女性の活躍に関する情報および行動計画の詳しい取組内容についての公表を行っています。
女性の活躍推進企業データベース

2.「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の「行動宣言」に賛同

千葉信用金庫 理事長 宮澤英男は、内閣府男女共同参画局が支援する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言に賛同しました。

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言について
2014年3月に首相官邸で開催された「輝く女性応援会議」を契機に、同年6月、女性の活躍推進に積極的に取り組んでいる企業のリーダーにより「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言が策定されました。
同行動宣言は、組織のトップを務める男性リーダーが、様々な女性の意欲を高め、その持てる能力を最大限発揮できるよう、「自ら行動し、発信する」「現状を打破する」「ネットワーキングを進める」ことを宣言するものです。行動宣言に賛同する男性リーダーが、宣言に沿って具体的な取組を進め、取組の輪を社会的に影響力のある男性リーダーに広げていくことを目指しています。