桐生信用金庫 金利・手数料など

運用する

投資信託

投資信託は、多くのお客様からお預かりした資金を複数の株や債券などに分散投資して、成果をお客様に還元する金融商品です。

はじめてみませんか?投資信託

投資信託の基礎について学んでみましょう。

詳しくはこちら

投信インターネットサービス

ご利用案内やログインはこちらから。

詳しくはこちら

定時定額購入サービス

将来の資産形成のために投資信託で積立をはじめませんか。

詳しくはこちら

ファンド一覧

お客様の投資スタイルに合わせてお選びください。

詳しくはこちら

投資信託のご留意事項

  • ・投資信託は値動きのある有価証券に投資するため、相場の変動により運用実績が変動します。外貨建資産に投資した場合、為替変動リスクにより基準価額が変動します。
  • ・元本割れとなるリスクがあります。
  • ・投資信託は銘柄ごとに設定された購入時手数料(税込最大3.3%)がかかります。また、運用管理費用(信託報酬)(純資産総額に対して税込最大2.42%)、信託財産留保額(換金時基準価額に対して最大0.5%)等の費用等もかかりますが、事前に総額を計算することができないものもあります(商品によって購入時手数料等の料率やリスクは異なります)。
  • ・投資信託のお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6(書面による解除)の規定の適用はなく、クーリング・オフの対象にはなりません。
  • ・投資信託の設定・運用は各投資信託委託会社(運用会社)が行います。
  • ・投資信託のお申込みにあたっては、必ず投資信託説明書(交付目論見書)をよくお読みいただき、ご自身の判断でお申し込みください。

国債

個人の方を対象とする個人向け国債や、個人の方以外でもご購入いただける利付国債などがあります。

国債について

日本国政府発行の安心感と、1万円から始められる手軽さが特徴です。

詳しくはこちら

ページTOPに戻る