しんきん電子記録債権サービス

インターネットバンキング

個人のお客さま

パーソナルダイレクト

法人のお客さま

ビジネスダイレクト
インターネットで24時間受付中!!個人ローン仮審査申込み

    インフォメーション

  • リクルート情報
  • 手数料一覧
  • 金利一覧
  • メールオーダーサービスのご案内
  • ペイジーのご案内
  • しんきん電話マネージャーサービス
  • 手形・小切手署名判印刷サービス
  • 頼りになる相談室のご案内
  • 北海道信用金庫キャラクターのご紹介
  • しんきん「地域応援」キャンペーン
  • 保険キャンペーン
  • iDeCo 個人型確定拠出年金インフォメーションサービス
  • 頼りになる相談室 プラザ店
  • しんきん北海道金融センター
  • ビジネスマッチング業務のご紹介
  • しんきん北海道経営者大学同窓会「昭和会」
  • 信金中央金庫
  • しんきんカード
  • 経営セーフティ共済
  • さぁ!ネットで申告e-Tax
  • でんさいネット
  • 証券取引等監視委員会情報提供窓口
  • マネー・ローンダリング・テロ資金供与対策

インフォメーション

手形・小切手署名判印刷サービス

署名判印刷サービスをお申込みいただける方は、当金庫で当座預金をご契約済み、又は新規でご契約のお客さまです。

※「署名判印刷サービス」をお申込みの際には、新規登録料3,240円(税込)をいただきます。

※「署名判印刷サービス」は、為替手形及びマル専手形にはご利用になれません。

※「署名判印刷サービス」のお申込みと同時に署名判付の新しい手形用紙・小切手帳をお申込みの場合は、手形用紙・小切手帳の発行手数料のみお支払いいただきます。

※署名判登録後に署名判を変更される場合は、変更登録料2,160円(税込)をいただきます。

小切手の見本

●署名判が印刷されているので、事務効率の省力化が図れます。

署名判押印時に、押し損じや擦れなどの失敗がなく、鮮明な署名判となり企業イメージアップとなります。

手形・小切手署名判印刷サービスの概要

1.手形・小切手署名判印刷サービスとは

手形・小切手署名判印刷サービス(以下、本サービスという)とは、一般当座預金小切手・約束手形に、お客さまご指定の振出人名などを印刷するサービスです。

2.お申込みいただけるお客さま

本サービスのお申込み・ご利用は、当金庫に一般当座預金をお持ちのお客さま、又は新規に当座預金取引をお申込みいただいたお客さまとなります。なお、マル専当座預金をご契約のお客さまは、ご利用いただけませんのでご了承ください。

3.ご利用に際して

署名判の印刷は、一般当座小切手及び約束手形のみとなります。為替手形やマル専手形、その他手形・小切手については、本サービスをご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。

印刷する署名判は、当座預金印鑑票にてお届出の署名判と同一のものを使用してください。

ご留意点

お申込み前に必ずお読みください。

本サービスをお申込みの際には、新規登録料として3,240円(税込)をいただきます。

約束手形については、振出地が手形要件になっていますので、住所の記載がある署名判をご使用ください。その場合、一般当座小切手にも住所が印刷されます。

本サービスの新規登録及び署名判の変更登録時に未使用の一般当座小切手・約束手形が残存している場合、再発行や発行手数料の払戻しはいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

本サービスをお申込み後は、お申込み口座の社名や代表者氏名などが変更となる都度、別途依頼書(変更)による署名判の変更手続きが必要になります。その際には、署名判変更登録料として2,160円(税込)をいただきます。

本サービスを中止する場合には、別途依頼書(中止)をもって解約のお手続きが必要となります。

手形・小切手署名判印刷サービス利用規定

1.手形・小切手署名判印刷サービス

(1)手形・小切手署名判印刷サービス(以下「本サービス」という)とは、一般当座小切手・約束手形に押捺する住所及び振出人名(氏名又は社名・代表者氏名)の署名判をあらかじめ登録しておくことで、登録以降に当金庫が一般当座小切手・約束手形を作成する際に、振出人名記載箇所に署名判を印刷するサービスをいうものとします。

(2)本サービスを申込後は後記5.(1)の中止手続きが完了するまでは、その後発行する一般当座小切手・約束手形に継続して署名判を印刷するものとします。

(3)本サービスの利用者は、本サービスの利用について、新規申込時に署名判印刷新規登録手数料、変更申込時には署名判印刷変更手数料を支払うものとします。なお、当金庫は事前に通知することなく、この手数料を変更する場合があります。

(4)本サービスの利用開始時に既交付済で未使用の一般当座小切手・約束手形が残存している場合、本サービスを利用した再発行や手形小切手代金の払戻はいたしません。ただし、既発行済で未使用の手形・小切手は既届出の署名判、届出印で従来どおり使用できます。

2.本サービスの利用対象者

(1)本サービスの利用対象者は当金庫に当座預金口座(一般当座)を開設している法人及び個人事業主に限ります。

3.署名判の印刷

(1)署名判の印刷は、一般当座小切手及び約束手形のみとし、為替手形、マル専手形は本サービスの対象とはなりません。

(2)本サービスは、一般当座小切手及び約束手形に共通の取扱いとします。

(3)印刷する署名判は現在お届けの当座預金取引署名判と同一のものを使用するものとします。

4.届出事項の変更

(1)本サービスの利用者は、住所あるいは振出人名(氏名又は会社名・代表者名)を変更し、当座勘定規定に基づく当金庫宛届出を行った場合には、新住所あるいは新振出人名での署名判の印影を直ちに当金庫所定の書面により当座預金取引店宛届け出るものとします。この届出の前に生じた損害については、当金庫は責任を負いません。

(2)署名判の変更時に未使用の手形・小切手が残存している場合、再発行や手形・小切手代金の払戻しはいたしません。

(3)届出のあった氏名、住所に当金庫が確認書等の資料を発送した場合には、延着し、又は到着しなかった時でも、通常到すべき時に到着したものとみなします。

5.中止

(1)本サービスは当金庫又は本サービスの利用者の一方の都合で、通知によりいつでも中止することができるものとします。なお、本サービスの利用者からの中止の通知は当金庫所定の書面により当座預金取引店宛届け出るものとします。

(2)当座預金口座が解約された時は、本サービスは全て中止されるものとします。

6.免責事項

(1)本サービスの利用により、当金庫が発行した手形・小切手に偽造・変造等が発生し、本サービスの利用者に損害が生じても、当金庫は責任を負いません。

(2)前記(1)のほか、本規定及び本規定に基づく取扱い等について損失・紛議が生じても、当金庫の責めによる場合を除き、当金庫は責任を負いません。

7.規定等の準用

(1)本サービスの利用にあたっては、本規定に別段の定めがある場合を除き、当座勘定規定等により取り扱います。

以上

このページの先頭に戻る