金庫について金庫について

SDGsへの取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)とは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals とは、 2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、 2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。 17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない( leave no one behind」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。〔出典:外務省ホームページ〕

敦賀信用金庫のSDGs宣言

地域の様々な団体の皆さまや行政と連携し、持続可能な地域社会づくりを進めます。

sdgs04

子どもたちの学びと若手経営者育成の支援を行います。

sdgs09

地域産業活性化を支援します。

sdgs11

地域の環境と文化財の保護に取組みます。

sdgs15

再生資源の活用により自然保護に取組みます。

福井県内4信用金庫、福井県信用金庫協会、東京海上日動による『SDGs共同宣言』

令和2年11月9日SDGsの目的達成について、信用金庫内はもちろんのこと、顧客や県内企業に対し、SDGsの活動をとおして地域の活力を高め、地域経済の更なる発展・活性化に寄与する趣旨のもと、福井県信用金庫協会、県内4信用金庫及び東京海上日動火災保険㈱の6者が協定を締結しました。詳しくはこちらをご覧ください。