「女性活躍推進法」に基づく帯広信用金庫行動計画

女性が就業継続し、活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

平成28年4月1日  ~  令和3年3月31日

当庫の課題

女性職員が、仕事と家庭を両立しながらキャリア形成を重ねることができる
働きやすい風土・職場環境となっていない。
  • 結婚を機に女性が退職する傾向にあり、男女での継続勤務年数に差がみられる。
  • 管理職手前の代理職等に占める女性割合が低く管理職を目指す女性が少ない。

目標

・男性の平均勤続年数に対する女性の平均勤続年数の割合を 50%以上とする。
・代理職等に占める女性割合を 30%以上とする。

取組内容

働き方の選択肢を増やし、女性職員のキャリア形成をイメージできる人事制度の導入。
  • 平成28年04月~ 複線型人事制度を見直し、女性のキャリア形成に繋がる働き方・コースの検討。
  • 平成28年12月~ 新人事制度の決定。
  • 平成29年04月~ 新人事制度の運用開始。
  • 平成29年04月~ 新人事制度定着のため、各階層へ人事制度研修を実施。(6月、9月、翌年2月開催)
「職場」と「家庭」の両方について、男女がともに貢献できる職場風土づくり
  • 平成28年04月~ 「女性職員活躍推進委員会」において、職場風土づくりおよびキャリア開発を支援するプログラム構築を検討。
  • 平成28年11月~ 女性職員のキャリアデザイン研修実施。
  • 平成28年11月~ 併せて管理職を対象とした研修実施。
  • 平成29年04月~ 「女性職員活躍推進委員会」等の結果を踏まえ、職場風土づくりおよびキャリア開発を支援するプログラムの決定。

女性の活躍の現状に関する情報公表(平成 30 年 12 月 1 日現在)

採用した職員に占める女性労働者の割合

全 体   67.6 %
○総合職  16.7%
○営業職  100%
○嘱 託  75.0%

職員の一月当たりの平均残業時間

12.3 時間